【加齢臭】お酒は加齢臭の原因になる?加齢臭の予防方法も解説

  • 酒を飲んだ次の日に、体が臭いとよく言われるようになった
  • もしかしてアルコールは加齢臭の原因?

お酒を飲むのが大好きだけど、もしかしたら加齢臭の原因になっているかも?と不安になったことはありませんか?

加齢臭はノネナールという物質が原因で発生するため、アルコールは直接は関係していません。

しかし、アルコールの過剰摂取により、皮脂分泌が過剰になったり、肝臓で分解しきれなかったりすることによって、加齢臭や体臭、口臭が強くなってしまうのです。

「お酒くさい」と「加齢臭」のニオイが合わさってしまうと、本当にきついニオイ(特に周りの人が感じる)がします。

それを避けるためにも、本記事では適切な酒量や避けたほうがいいおつまみ、おすすめのサプリメントの成分などを紹介しています。

ぜひ最後までご覧くださいね。

【本題】お酒は加齢臭の原因になる?

お酒は大量に摂取すると体臭や口臭に影響があります。

その理由は体内にアルコールの成分が巡り、口臭や体臭がアルコールのニオイになるからです。

通常の加齢臭にアルコール臭が加わってしまうと、強烈なニオイとなります。

普通は肝臓でアルコールが分解され、アセトアルデヒドという成分になり、酸と水になり、体外に排出されます。

しかし、大量にお酒を飲んでしまうと、アセトアルデヒドに分解されなかった成分が体内を巡り分解できず長く体内に留まるので、ニオイはさらにきつくなっていきます。

加齢臭の原因であるノネナールは、生活習慣の悪化でも発生しやすいです。

二日酔い状態ではノネナールが発生しやすくなり、さらに分解されなかったアルコールが体内に留まり続けるので、「お酒臭い」と「加齢臭くさい」のダブルパンチをくらってしまうのです。

基本的な加齢臭の原因

ここでは基本的な加齢臭の原因について説明します。

生活習慣

まず生活習慣が加齢臭の大きな原因になることがわかっています。
特に次のような生活習慣があると加齢臭が出やすいです。

・脂質の多い食べ物を好んで食べている
・タバコを吸う
・運動不足である
・強いストレスを抱えている

このような生活習慣は皮脂の分泌を増やし、次に説明するノネナールという加齢臭のニオイ物質を増加させます。

ノネナールというニオイ物質

加齢臭はノネナールというニオイ物質が原因で発生し、40代以降、急激に増える傾向があります。

「年老いてくると加齢臭がする」というのはノネナールの増加が原因です。

ノネナールは皮膚常在菌がヘキサデセン酸という物質を分解することで発生するニオイ。ヘキサデセン酸が分解され、発生したノネナールは皮膚表面で加齢臭特有のニオイを放つことになります。

男性は特に加齢臭が顕著に表れやすい

ノネナール自体は男女関係なく存在します。

しかし男性の方が代謝が良いことや体表面積が大きいため、加齢臭のニオイが顕著に表れやすいという特徴があります。

お酒を飲みながら加齢臭の発生を防ぐ方法

加齢臭が気になるといっても、お酒は飲みたいもの。

実はお酒を飲むときに気をつけるべき点があるのです。

ここではお酒を飲みながら体臭や口臭の発生を防ぐ方法について説明します。

単純にアルコール量を減らす

単純にアルコール量を減らすことで、体臭や口臭の発生を防ぐことができます。

酒量を減らすことで、肝機能の低下を防ぐことができるからです。

肝機能を低下させないアルコールの量は人にもよりますが、一日の純アルコール摂取量の目安は20gです。

これはチューハイで625ml、ビールで500ml、ウィスキーで60mlほどです。

この量を守ることで、酒臭いニオイが身体から漂ったり、加齢臭が悪化したりすることを防げるでしょう。

おつまみや食べ物に注意する

脂質の多いおつまみや食べ物は皮脂分泌が過剰になります。

特に唐揚げやフライドポテトなどをおつまみに選んでしまうと、皮脂分泌が過剰となり、加齢臭が強くなる原因となります。

加齢臭の原因物質ノネナールは皮脂分泌が過剰になると発生しやすくなるからです。

お酒を飲むときは特に脂質の多い食べ物が欲しくなりますが、控えめにするようにしましょう。

サプリメントを服用する

お酒を飲んだときに加齢臭が強くなってしまうのをケアするのに、サプリメントを服用することもおすすめです。

「サプリメントはたくさんあって、よくわからない」という方もいるかもしれませが、1つの成分に特化したサプリメントよりも複数の成分が含まれているサプリメントが良いでしょう。

なぜかというと、加齢臭の原因は1つだけとは限らないので、成分が1つだけだと複数の原因にアプローチできなくなるからです。

サプリメントは次のような成分が入ったものがおすすめです。

消臭成分

消臭成分には植物性ポリフェノールなどがあります。

体臭の原因になっているトリメチルアミン、メチルカプタンなどの悪臭成分や、アンモニア臭、イオウ系の臭いなどに対応してくれるので、ぜひ摂取しておきましょう。

乳酸菌

ストレスや生活習慣の乱れによって、腸内の善玉菌や悪玉菌のバランスが乱れている場合、腸内で老廃物が腐敗します。

そして、腐敗した老廃物が血中を廻ることになり、皮膚表面から汗や皮脂と一緒に排出され、そのままアンモニア臭となるのです。

腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスを良くするためには乳酸菌が効果的です。

乳酸菌が配合されたサプリメントを取るのも、体臭や加齢臭予防となります。

【コラム】お酒の種類によって加齢臭への影響は変わるのか?

お酒の種類によっては基本的に加齢臭の影響は変わりません。

その理由は「肝臓で分解されなかったアセトアルデヒドが、ニオイとなって口臭や体臭の原因になる」という根本的な原理は変わらないからです。

ただビールはいくらでも飲めるけど、ウィスキーは悪酔いするという人もいます。

体質に合わないお酒は、分解が遅い可能性があるので避けておいたほうが無難でしょう。

【まとめ】お酒は加齢臭の原因になるのか

お酒は加齢臭の原因になるのか、解説しました。

お酒は直接は加齢臭の原因にはなりませんが、お酒を飲みすぎることによって、体臭や加齢臭が強くなる恐れがあります。

皮脂分泌が過剰となり、加齢臭の原因物質であるノネナールが発生しやすくなるからです。

お酒を飲みすぎると、翌日の口臭や体臭が強くなるので、普段から加齢臭のケアをしていても台無しになります。

本記事で取り上げたお酒を飲むときの注意や適切なアルコール量、サプリメントでのケアを参考にケアに取り組んでみてくださいね。